お肌の悩みに役立つビタミンラボ

身体を守るお花畑

身体の中のお花畑

 

ヒトの腸内には600兆個以上の細菌が、それぞれの種類ごとにグループを作り、腸の壁に住み着いています。顕微鏡で見るその姿がまるで植物が群生するお花畑(Flora)のように見えるため腸内フローラと呼ばれています。腸内の細菌たちは私たち人類と共生し、健康を保つ手助けをしてくれる大事なパートナーです。腸内細菌は腸壁にコロニーを作り、外から侵入してきた有害な細菌が増殖する余地を与えないことで、バリア機能を果たしています。また、守るだけではなく、食物を酵素で分解し必要な栄養素に変換して身体の必要な場所に届けたり、最近では身体の免疫機能をもコントロールしたりしていることが分かってきています。

肌にもあるお花畑

 

多大な恩恵を与えてくれる菌との共生、腸内だけではなく実は肌にもあるのです。肌は身体の一番外側で有害な細菌や外部刺激と戦っています。その手助けをしているのが皮膚常在菌です。皮膚常在菌は身体を守るもう一つのお花畑なのです。肌にはどんな菌が住んでいるのでしょうか。代表的な菌をご紹介します。

表皮ブドウ球菌

肌によい働きをしてくれる菌の代表格。表皮ブドウ球菌は汗や皮脂を食べてグリセリンを生み出します。グリセリンは化粧品でも使われる保湿成分、肌の乾燥を防いでいます。また、酸性のグリセリンで覆われることで肌は弱酸性で保たれます。肌に悪さを働く菌はアルカリ性の環境が大好き。弱酸性の環境を作ることで黄色ブドウ球菌をはじめとする悪玉菌が増えるのを防いでいます。

アクネ菌

ニキビの原因菌として有名なアクネ菌。環境によって肌に良い働きをしたり、ニキビを作ったり働きが変わるため日和見菌と呼ばれています。弱酸性に保たれたバランスの取れた肌では、代謝物である脂肪酸で肌を弱酸性に保つ助けをしています。しかし、生活が乱れ皮脂過多になったり、肌がアルカリ性に傾くとニキビを悪化させる原因となります。

黄色ブドウ球菌

傷口を化膿させる悪玉菌です。弱酸性の環境ではおとなしくしていますがアルカリ性の環境下では、毒素を排出し炎症を誘発させます。

腸内細菌も皮膚常在菌も絶妙なバランスで身体を守っています。このバランスは生活の乱れやストレス、肌の洗いすぎなどで簡単に崩れてしまいます。菌にも自分の身体にも優しい生活を心掛けたいですね。