お肌の悩みに役立つビタミンラボ

七つの縁起で今年も健康に

今年のお正月はどう過ごされたでしょうか?

あっという間に過ぎてしまった……という方も多いのでは。

1月7日は「人日(じんじつ)の節句」と言って五節句のうちの一つです。

一年の無病息災を願い、七草がゆを食べる習わしがありますね。

七草がゆの由来は唐の時代の中国までさかのぼります。

人日の節句に7種類の野菜を汁物に入れて食する風習がありました。

それが日本につたわり、魔除けの「若菜摘み」という風習と合わさり七草がゆを食べられるようになったそうです。

青菜が不足する季節に七草を食し、お正月のごちそうで疲れた胃腸を休めるという役目もあるようです。

七草にはそれぞれ縁起を担ぐ意味も添えられています。

セリ(競り勝つ)

 ・・・ビタミン、ミネラルが豊富で免疫力を高めます

ナズナ(なでて汚れを払う)

 ・・・ビタミン、カリウム、鉄分を含み、貧血を予防します

●ゴギョウ(仏体)

 ・・・咳を和らげる作用があると言われています

ハコベラ(繁栄がはびこる)

 ・・・たんぱく質、ミネラルに富み、利尿作用のあるサポニンも含みます

ホトケノザ(仏の安座)

 ・・・高血圧予防、胃腸の働きを整えます

スズナ(神様を呼ぶ鈴)

 ・・・消化を助けるアミラーゼ、免疫を高めるビタミンCを含みます

スズシロ(穢れなき白)

 ・・・スズナ同様、胃腸を整えるアミラーゼやビタミンCが豊富です

 

縁起がよく、健康にもいい七草がゆを食べて、今年も素敵な毎日を送りたいですね。