お肌の悩みに役立つビタミンラボ

黒ずみ毛穴の正体

黒ずみの正体は?

黒ずみ毛穴とは、毛穴に落としきれなかったメイク成分や溜まった角質と皮脂が混ざり合って毛穴に詰まるとつまり毛穴になり、そのまま取り除かずに放置していると、やがて酸化して黒ずみ毛穴になってしまいます。特に小鼻周りは皮脂分泌が盛んで皮脂が毛穴に詰まりやすい部分です。

正しい毛穴ケア

  • きちんと汚れを落とすこと
  • 皮脂の分泌を抑える
  • 皮脂の排出をスムーズにしてあげる
  • 毛穴の周りのコラーゲン、エラスチンなどの組織を充実させること
  • 保湿ケア

 

毛穴パックは使ってもいいの?

正しい毛穴ケアをするのは大前提として、剥がすタイプの毛穴パックは毛穴周辺の角層にもダメージを与えてしまいますのでお勧めはしません。また、クレイタイプのものは剥がすタイプと比べると肌への負担は比較的に少なく、吸着性・抗炎症作用・殺菌作用が毛穴の詰まりに有効ですが洗浄力が強いため、肌の水分や皮脂を必要以上に取り去ってしまうため、パックの後は普段以上にしっかりとした保湿ケアが必須です。また毎日ではなく週1回程度にとどめておくことをおすすめします。

毛穴が目立たないベースメイク

ポイントは、

(1)毛穴の凹凸が目立たないような下地を使用すること

(2)厚塗りしすぎないこと

(3)保湿ケアをきちんとすること

 (適度な油分を与えることで乾燥を防ぎ、過剰な皮脂分泌によるメイク崩れや毛穴目立ちを防ぎます)

ビタミンC療法の第⼀⼈者 ドクター亀山

皮膚科専門医 亀山孝一郎
医師、医学博士

 

北里大学医学部卒業、世界最高峰の米国立保健衛生研究所(NIH)でメラニン生成についての最新研究に専念。
1999年に、“ニキビは感染症ではない、皮脂の過剰分泌を背景とした活性酸素病であり、アクネ菌はその悪化因子である”という趣旨の論文を発表。ニキビは感染症であるというそれまでの常識を大きく覆す。
同年、医療法人社団星美会 青山ヒフ科クリニックを開業。
2002年6月オリジナル化粧品ドクターケイを発表。