お肌の悩みに役立つビタミンラボ

シミ・くすみケア対策

ビタミンCはとても理にかなった美白剤

シミ・くすみの元になるメラニンとは?

「色白、色黒」などの皮膚の色調は、皮膚の厚さと血管の太さ、そして表皮のメラノサイトで作られるメラニン色素によって決まります。
このメラニンがほんの少し増えた状態が「くすみ」、そして大量に増加して真皮に残ったものが「シミ」です。

シミやくすみの原因となるメラニンは美容の大敵ですが、その一方で、皮膚の健康を保つためにとても大切な役割を担っています。

ひとつめは“サンスクリーン”作用
有害な紫外線を吸収して生体へのダメージを防ぐこと。紫外線を浴びるとシミができるのは周知の事実です。

ふたつめが“活性酸素を取り込んで無害化する”という作用
これについてはあまり知られていませんが、たとえば、化粧品かぶれやニキビのあとで色素沈着が起こり、シミになるのはメラニンが活性酸素を消去しようと頑張ったためなのです。

肌断面-シミくすみ

ビタミンCはメラニンの産生を抑え、同時にメラニンの役割を果たす

シミ・くすみ対策の「美白」は、メラニンの産生を抑えるのが狙い。
美白剤として名高いビタミンCは、還元作用(酸化作用と反対の反応)によって、メラニンを作らせないように働きかけます。

とはいえ、ここで問題になるのが、有害な紫外線や活性酸素から肌を守るメラニンを減らしてしまって大丈夫なのか?ということ。

安心してください。
ビタミンCがメラニンの役割を肩代わりしてくれるのです。

ビタミンCには活性酸素を消去する働きがあり、また紫外線ダメージから皮膚細胞の遺伝子を守るというサンスクリーン的な作用も確認されています。

つまり、ビタミンCを塗るのは、メラニンと同じ作用を持つ物質で肌表面をカバーするということ。
結果的にメラニンは不要になります。ビタミンCはとても理にかなった美白剤と言えます。

油溶性甘草エキス(グラブリジン)とビタミンCで、“カクテル美白”!

油溶性甘草エキスの「グラブリジン」は、ドクターケイが重視しているもうひとつの美白剤。甘草はマメ科の植物で、重要な生薬として昔から親しまれてきました。フラボノイドやグリチルリチン酸などを含んでいます。
このカンゾウフラボノイドP-T(40)の主成分がグラブリジンで、メラニンを作る酵素の合成やできてしまった酵素の活性を抑えます。
ビタミンCとは異なったメカニズムで美白するため、相互に作用することで美白効果がさらにアップ。

ちなみにグラブリジンにも活性酸素を消去する作用があり、さらに優れた保湿効果も評価されています。

シミ・くすみにはビタミンB12がおススメ

ビタミンB12は、血液の中で酸素を運ぶ、赤血球の生成に関わっています。そのため、造血ビタミンという別称も。
赤血球が足りなければ命に関わるのはもちろんのこと、肌がくすむなど美容的な問題も生じてきます。
血管強化という働きを持つビタミンB12とビタミンCをあわせて摂取すれば、血管と血液の機能が正常になり、明るく血色のよい肌を育てることができます。