お肌の悩みに役立つビタミンラボ

老化の原因は加齢だけではありません

もう一つの老化を正しく理解すれば白く美しい肌で歳を重ねていくことができます。

じわじわと静かにゆっくり忍び寄る光老化の恐怖

『光老化』という言葉をご存知ですか?

まず、ご自身の腕の内側の皮膚と手の甲の皮膚を比べてみてください。
肌質や色味が違いませんか?
太陽光線に当たる機会の少ない腕の内側や太ももの内側の皮膚は他の箇所に比べて色白できめ細やかな皮膚をしています。
この違いは、光老化によるものなのです。

光老化とは

光老化とは、おもに紫外線など光線による老化のことで、加齢による自然老化とは区別されます。
老化のうち80%は光老化によるものだと言われています。

光老化を引き起こす原因

太陽光線の中でも、紫外線A波(UV-A)やブルーライトです。
波長が長いため真皮まで届き、コラーゲンやエラスチンなど肌のハリや弾力を支える組織を破壊したり、色素細胞を活性化させます。
光老化の原因は日常生活のいたるところにあふれています。

UV-Aは雲や窓ガラスも通り抜け真皮まで届きます。
ブルーライトも太陽の光からだけでなく携帯電話やテレビ、パソコンのモニターからも発生しています。

「今日は曇りだからUVケアはしなくても大丈夫」
「外出しないからお化粧しなくてもいいや」

など、日々の油断の蓄積が光老化を招いてしまうのです。

光老化は防げる老化

腕や太ももの内側の白くきめ細かい肌が光老化する前の本来の肌の状態です。
肌は太陽光線に対する防御反応として、厚くゴワゴワになり、色も濃くなります。それがシミなってあらわれます。
また真皮で肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンなどの弾性線維が破壊されることによって“光線性弾性線維症”という変化が起こり、深いシワが刻まれてしまいます。

年齢だからとあきらめていたシミやくすみ、ゴワゴワした肌や深いシワは、光対策をすれば防げる老化なのです。

日々のお手入れで白くきめ細やかなお肌をキープしましょう

  • 紫外線やブルーライトを浴びないために外出しない日でも日焼け止めを塗ること
  • 紫外線をたくさん浴びてしまった後には、ビタミンCをはじめとしたダメージ回復効果のある成分を配合したアイテムでケアをする