お肌の悩みに役立つビタミンラボ

キュウリはビタミンCの敵?

キュウリは世界一栄養がない野菜

 

ビタミンCを破壊する酵素を持っている?

夏の野菜が美味しい季節になりました。夏の野菜といえばキュウリです。サラダ、漬物、酢の物など和洋中と、どんな料理にも使える万能選手です。ご家庭でも大活躍していることでしょう。ところがこのキュウリ、世界一栄養がない野菜でギネス認定されているとか、一緒に食べたビタミンCを破壊する酵素を持っているなんていうよくない噂があるようです。栄養がなくて、せっかく摂ったビタミンCまで壊されてしまうなら、キュウリなんて食べない方がいいのでしょうか。

「カロリーが少ない=栄養がない」という間違った認識

キュウリはその90%が水分といわれています。ほとんどが水分なので含有量は少ないのですが、他にカリウム、ベータカロチン、ビタミンK、ビタミンンCなどが含まれています。あれ?栄養がない野菜のはずなのにちゃんとありますね。実はキュウリに栄養がないなんて誤解で、ギネスには『世界一カロリーが少ない果実』として認定されているのです。「カロリーが少ない=栄養がない」と間違って広まってしまったようです。

ビタミンCの破壊者?

これも、近年の研究で誤解であることが分かりました。キュウリにはアスコルビン酸酸化酵素という酵素が含まれています。この酵素が、身体に有益な「還元型ビタミンC」を無益な「酸化型ビタミンC」に変えてしまいます。そのため、以前はビタミンCを破壊すると言われていたのですが、「酸化型ビタミンC」は身体の中でまた「還元型ビタミンC」に変わることが近年明らかになりました。そのため、アスコルビン酸酸化酵素と一緒にビタミンCを摂ってもビタミンCの総摂取量は変わらないという考え方に改まったのです。これで安心してサラダに使えますね。

美味しいキュウリの目印

①硬くてしっかりしている

②イボのチクチクするくらいとがっている

キュウリのカリウムは塩分の排出を手助けするので、むくみ解消効果があります。また、脂肪分解酵素「ホスホリパーゼ」の尊大も明らかになり注目されているのでダイエット中の方には特におすすめです。暑さが増すこの時期、みずみずしい季節の味を楽しみましょう。