お肌の悩みに役立つビタミンラボ

寒い季節は肌も縮こまる!血流不足からくる肌トラブルの解決法

秋冬は肌のバリア機能が低下してしまう

血流低下や肌の乾燥から起こる肌トラブル

これからの季節に起こりがちな肌のカサつきやヒリつきは、気温低下による血流低下や肌の乾燥が原因。
そこで、体の中から肌の潤いと巡りを高めるケアを提案します。

秋冬に多い肌トラブルの原因とは?

空気が乾いて気温がグッと下がる秋冬は、お肌にとって過酷な季節。毎年この季節になると、肌がカサついたり荒れたりするという方が多いようです。
それもそのはず。外気が冷えると肌は温度が下がり、血流が滞ってしまいます。
すると、血液にのって流れてくるはずの水分や栄養が不足するため、肌は乾燥して活力がなくなってしまうのです。
肌の表面には本来、外的刺激から体を守る角層が存在しています。
しかし潤いが不足すると、角層の中に隙間が空いたようになってしまい、バリア機能が低下。
ちょっとした刺激で炎症を起こす、敏感肌状態になってしまうのです。
また、血流や水分が不足すると肌は透明感を失い、どんよりくすんでしまうというやっかいな問題も起こります。

健康な角質と乾いた角質

 

マッサージでめぐりをサポート

体の内と外から血流を上げる

血流低下から起こる乾燥や肌荒れには、体の内と外から血流を上げることで対応しましょう。

まず体の中から血流を上げるには、温かい食べ物を摂る、運動をして筋肉の代謝を上げることが大切です。
体の外から巡りをよくするには、湯船で体を温めるのが一番。
炭酸入浴剤を使うと、より効果的です。

体をあたためる食材

東洋医学では、ショウガ、ニンニク、黒胡椒、鶏肉、羊肉などが体を温める温性の食材とされています。

青山ヒフ科クリニック秘伝!血流アップ顔ツボマッサージ!

スキンケアで血流アップを狙うなら、おすすめなのはマッサージです。
マッサージで圧をかければ、血液やリンパの流れがスムーズに。
すると体の中から肌に水分や栄養が行き渡り、乾燥や肌荒れ、くすみを改善できるのです。
マッサージをするときは、摩擦を防ぐためにオイルやクリームを肌になじませること。
血流がよくなれば、美容成分の浸透が高まる嬉しい効果も期待できます。