お肌の悩みに役立つビタミンラボ

ビタミンを摂取しても、お肌は後回しって知ってました?

もっと知りたい、ビタミンCのこと

ビタミンCの効果

細胞内の”エネルギー発電所”であるミトコンドリアは「ATP」という細胞活動に必要なエネルギーを作っています。
このATP生成に関わっているのがビタミンC。
また、細胞寿命の鍵を握っている遺伝子内テロメアが短くなるのをビタミンCが防ぐというデータも報告されています。
ビタミンCは無限の可能性を秘めた美容成分です。

人間の体内でビタミンCは作れない

ビタミンCは、皮膚だけでなく体の中でもどんどん消費されます。

でも、人間は体内でビタミンCを作ることができません。摂取するしかないのです。

しかし、精神的なストレスや肉体的な疲労が加わると、それに対応するためにビタミンCがさらに消費されてしまいます。

つまり、ビタミンCは、まず、生命維持・健康のために必要な臓器から修復・回復することを優先して消費されるのです。

そのため、ビタミンCをたくさん摂取しても、肌荒れがなかなか改善しないという場合は、ストレスや肉体的な疲労によりビタミンが内臓器官の回復優先で消費されてしまい、お肌へは後回しになっている可能性が高いのです。

ビタミンC配合のスキンケア

そこで、おすすめなのが、ビタミンC配合のスキンケアで外からもケア(補給)してあげることです。

ビタミンCを肌に塗ることで、美白や毛穴の収縮、過剰な皮脂分泌の抑制など、さまざまな効果をもたらします。

ビタミンCは、

「食事などで体の内側から摂取」
「スキンケア等で外からたっぷりと塗ること」

をおすすめしています。

効果的なビタミンC濃度

ビタミンCの効果を得るためには、濃度も大切なポイント。

ドクターケイでは高濃度ビタミンCの効果の高さに注目しつつ、臨床からのフィードバックをもとにした、最も効率の良い濃度にこだわっています。