ビタミンの力で、肌と心をポジティブに

日焼け止めの「基本」を知ろう!

日焼け止めの専門用語を正しく理解しましょう

日焼け止め選びの目安となる「SPF」や「PA」にはどんな意味があるのか、さらに生活シーンに合わせた選び方や使い方などを説明いたします。

この機会にぜひ日焼け止めの基本をおさらいしましょう!

「SPF」「PA」はどんな意味?

日焼け止めに表記してある「SPF」と「PA」は、日焼け止めの紫外線防止効果を示す指標のこと。
この数値の違いをしっかり理解することで、利用シーンや肌悩みに応じて、どのレベルの日焼け止めを選べば良いのか分るようになります。

UV-B対策には「SPF」

「SPF」はサンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略称です。

短時間で肌に赤みや炎症を起こし、過剰なメラニン色素を生成するUV-B(紫外線B波)を防ぐ効果指数のこと。最高値はMAX50で、1~50の数値は、何も塗らない場合に比べてUV-B波による炎症をどれぐらい長い時間防止できるかを表しています。
SPF30なら、何も塗らないより30倍遅らせることができるということです。

UV-A対策には「PA」

「PA」はプロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略称です。

波長が長く、長時間かけて肌の弾力を失わせるUV-A(紫外線A波)を防ぐ効果指数のこと。

目安で4段階の「+」マークで表示され、「+」の数が増えるにつれ、UV-Aに対する防御効果が高くなります。

 

UV-A(A紫外線)

波長が長いため雲やガラスも透過しやすく、部屋の中にいても窓ガラスから侵入してコラーゲンやエラスチンなど肌のハリや弾力を支える組織を破壊したり、色素細胞を活性化させます。  

シーンに合わせた日焼け止めの選び方

日焼け止めは数値が大きい(強い)ものを選べばよいとは限りません。肌の負担や刺激性を考えて利用シーンで使い分けをしましょう。

〇日常生活(室内、散歩、買い物)・・・SPF30/PA+++ 程度
〇屋外でのスポーツやレジャー・・・SPF35/PA+++ 程度
〇炎天下でのレジャー、マリンスポーツ・・・SPF50+/PA++++

 

日焼け止めを塗る時のポイントは?

日焼け止めの効果を最大限に発揮するためには「適正量」と「塗り方」が大事。

〇必ず肌を保湿してから塗りましょう。
保湿することによって上から重ねるメイク崩れを防ぎ、日焼け止めが落ちることも防げます。

〇点でのせてから顔全体にのばしましょう。
一度に顔全体へ塗布するのではなく、頬、両頬、鼻、あごなどに点でのせてから顔全体に広げ、ムラなく均一にのばしましょう。

〇正しい量と充分な量を使用することがポイント。
紫外線予防効果をしっかりと得るために、商品パッケージに記載の量を正しく使うように心がけましょう。

〇家を出る15〜30分前には塗っておくのがおすすめ。
出かける直前に塗っていませんか?日焼け止めは肌に馴染むまで15分程かかると言われているため、家を出る15〜30分前には塗っておきましょう。

〇2時間おきを目安にこまめに塗り足すのがベスト。
日焼け止めの効果は“1SPFにつき20分”。SPF30の場合、30(SPF)×20分=600分(10時間)となります。
とはいえ、時間と共に汗や皮脂、こすれでその効果は少しずつ落ちていくもの。紫外線から徹底的に肌を守りたいなら、2時間おきを目安にこまめに塗り足し、紫外線防御効果をしっかり持続させましょう。

注意したい日焼け止めの塗り方

  • 保湿ケアをしないで塗る
  • 手のひらで全顔分をのばして塗る
  • すりこみながら塗る(過剰な摩擦)
  • 適量を使用しない
  • 室内で活動するときは塗らない
化粧下地効果のある日焼け止めが人気

顔用の日焼け止めとして化粧下地も兼ねているタイプが人気です。 スキンケア効果のある日焼け止め化粧下地を使うことで、紫外線から肌を守りながらも化粧ノリを高める効果が期待できます。日焼け止めと化粧下地を重ねずに済むので、手間もかからず、肌への負担も少なく済みます。

ケイスキンバリアUVベース<SPF30/PA+++>